コラム

ご当地キャララッピング自販機で地域振興に繋げる

2017.11.21

「人を引き付けるご当地キャラ」

ご当地キャラクター、いわゆる「ゆるキャラ」は、一過性のブームとは言い切れない日本の文化になりつつあります。ゆるキャラに期待されるのは、地域活性化に繋がる宣伝効果。地域に浸透し、全国的に認知されるようになればその経済効果ははかり知れません。そのため土地ごとに日々新しいキャラクターが生まれ、キャラクターグッズも多数作られています。しかし、キャラクターの人気を獲得するにはまず地元に根付かせる必要があります。自動販売機は人の通行する場所に置かれるものですから、そこにゆるキャラを描けば地元での認知度が上がることは確実と言えます。さらに、人気が出た後はその自動販売機を見るために遠くから人が訪れるケースも考えられます。自動販売機はグッズと違い、現地に行かなければ見られないレアな付加価値があるため、記念写真がSNSなどを通じてネットで拡散するといった波及効果も得られます。

「地域貢献型自動販売機」

大手飲料メーカーや自動販売機の設置者によっては、自動販売機による売り上げの一部を地域に寄付するといった活動を行っていることがあります。この場合、周辺と同じような外観の自動販売機よりも地域に密着したキャラクターを描く方が、活動の内容を簡潔にPRすることができます。自動販売機で購入するだけで地域貢献ができるという付加価値は購入者の増加に繋がります。飲料のCMでゆるキャラがタイアップされていたり、販売されている商品自体が地域の特産品である場合は、より高い効果が期待されます。

一覧に戻る

このページのトップへ